ほとんどのお客さんが脱毛を希望

脱毛サロンで起こりうるトラブルを考えてみましょう。脱毛サロンというのは、脱毛をうたっているだけあって、ほとんどのお客さんが脱毛を希望しているお客さんです。

つまり、お店側としては、脱毛の売上がないと破綻してしまうため、毎月の売上を維持する必要があります。料金のせいでお客さんが離れてしまうならば、料金を下げて施術したり、無期限保証をつけて脱毛を推進したりするという方法を取っていくかと思いますが、この点に注意が必要になるでしょう。

売上が下がるという事は、それだけお客さんが減ってしまったということになりますので、新規のお客さんを増やすために値下げを行います。


予約が取りづらくなってくる

これは新規のお客さんにはありがたい話になりますが、これを繰り返したら、コース入会をして先払いした人達が年々増えていくことになりますよね。前金でお金を払っているお客さんが本来は優先されなければならないはずなのに、新規でお客さんをたくさん取っていってしまうため、前払いをされたお客さんの予約が取りづらくなってくるという現象の陥るのです。

さらには、1人でも多くのお客さんの施術をする必要があるため、脱毛器やスタッフの数を増やす必要が出てきます。そうすると、またコストが上がっていってしまい、脱毛料金を減らして顧客確保。。。こういった悪循環に陥っている脱毛サロンも実際にはありますので、この点を注意してみるようにしましょう。

もし、脱毛サロンで予約が取りづらくなってきたのなら、一度経営状態を見てみるのもいいのではないでしょうか。